光脱毛 レーザー脱毛 白髪

光脱毛やレーザー脱毛では、白髪の脱毛ができないの?

エステサロンでできる光脱毛でも、美容クリニックで行う医療レーザー脱毛でも、
白髪の脱毛は難しいと言われています。

 

白髪への効果が期待できないのは、
光もレーザーも色素へ反応する特異性を利用している方法だからです。
フラッシュの光や医療レーザーというのは、
ムダ毛をなくしたい部分に照射をしていきます。
肌の表面には何もダメージはうけませんが、
毛穴の内側にある毛根の組織に反応することになります。

 

毛乳頭は一瞬の光やレーザーの熱変換によって、
高熱による強いダメージを受けることになります。
この仕組みによって、体毛は自然に抜けていき、本数がだんだん少なくなります。
この仕組みが生かされるのは、黒いメラニン色素をもつ体毛に限ります。

 

黒い色を持ったメラニン色素へと反応するのが、光脱毛や医療レーザー脱毛の仕組みです。
そのため、色素を持たない白髪に関しては、
メラニン色素がありませんので、反応をすることができません。
照射をしても反応がないために、ダメージを受けることも抜けることもないのです。

 

ですから白髪に関しては、光や医療レーザーの効果は期待できず、
ムダ毛をなくすのであれば、ワックスなどで毛を抜く処理が適切となってきます。
永久脱毛ではありませんが、ワックス脱毛でしたら、
光やレーザーのように、毛の色素は全く関係がありません。

 

白髪への反応はありませんが、産毛には光脱毛やレーザー脱毛は効果があります。
一見産毛は白い毛髪と似ているように思うかもしれませんが、
大きな違いは産毛だったら色素があるという点です。
とても薄い色素ではありますが、それでも反応ができるメラニン色素を持っています。
ただ、やはりごく普通の毛と比べると、産毛は効果が出にくいと言われています。
それはやはり色素が薄いためではありますが、
脱毛の照射をしていくと、少しだけ時間がかかりますが必ず効果があって少なくなります。