脱毛 生理

生理中は脱毛できないの?生理とお肌の関係とは?

基本的に生理中のデリケートゾーンの脱毛は、
施術不可のエステサロンやクリニックが多いです。
また、徹底した脱毛エステサロンなどでは、デリケートゾーンに限らずでも、
そもそも脱毛施術自体を実施してくれないこともあるほどです。

 

女性の体と心は毎月訪れる、月経に左右されているところがあります。
生理の時にサービス施設で脱毛のお手入れができないのは、
生理の時は出血がありますので、デリケートゾーンの照射をするにしても、
衛生面での問題があります。
また、ほかのお客さんも利用をする施設ですので、
血が機器やタオルについてしまい、それがもとで、なにか感染でも起きたら大変です。

 

女性の体は生理が近づいて終わるまでは、いつもよりも非常に敏感になります。
これも月経時には脱毛のお手入れができない事の理由の一つですが、
光やレーザーの照射をすると、皮膚が非常に痛みを感じやすくなります。
それは痛みだけではとどまらず、
刺激をいつも以上に感じる肌は、さまざまなトラブルを引き起こしやすくなります。

 

痛みはいつもよりも強く感じますし、赤みや腫れもいつもよりも出やすくなります。
月経の時は体調も悪くなりがちですし、心も不安定になりやすい時期です。
そんな心身ともに不安定な時期に脱毛のお手入れを無理やししてしまったら、
肌には思わぬトラブルが引き起こりやすくなります。
肌が調子の悪い状態だと、女性は心理的にもダメージを受けやすくなります。

 

女性のデリケートな心は、毎月の生理と密接な関係がありますし、
それはお肌ともつながっています。
ですから脱毛の予約を入れたものの、生理が来てしまったら、
デリケートゾーンのお手入れは別の日に変えたほうがいいでしょう。
日程の調整が可能であれば、デリケートゾーン以外のパーツも、
別の日程でお手入れをしたほうが、お肌への刺激の負担は少なくすることができます。

 

また、生理中の対応は各脱毛サロンで異なるため、
カウンセリングなどでしっかり確認しておくことが大切です。