脱毛 増毛化 硬毛化

脱毛したのに毛が増えた?増毛化・硬毛化とは?

白い肌に黒い毛が生えているととても目立つので、
女性なら誰でもムダ毛のお手入れに気を遣っているのですが、
太い毛だけでなく、細いムダ毛でも、たくさん生えていると濃く見えたり、
産毛が生まれつき濃い人もいます。

 

最近は、脇や脚の目立つムダ毛だけでなく、
背中やお腹、二の腕や肩などの産毛もきれいに脱毛する人が増えており、
全身脱毛が大変流行しています。

 

脱毛すると、徐々にムダ毛の毛根がダメージを受けて、ムダ毛の本数が減ったり、
毛が細く目立ちにくい毛質に変わったりすることが一般的ですが、
毛が増えたり、濃くなったりすることもあるのです。

 

脱毛を受けることで、毛の本数が増えてしまうことを増毛化と言います。
もともと、人間の毛穴の数は大体決まっているのですが、
普段発毛していない休んでいるはずの毛穴が施術によって活性化してしまうことで、
ムダ毛が増えたように見える現象です。

 

また、毛の本数自体は少なくなっていても、
残った毛が太くなったり、長くなったりすることがあり、硬毛化と呼ばれています。

 

背中やお腹などの産毛の部分が硬毛化することが多く、
二の腕や肩などに太くなった毛が生えてしまうことや長い毛が生えてくることがあります。

 

せっかく脱毛したのに、ムダ毛が濃くなってしまうと、とてもがっかりしてしまうと思いますが、
諦めずに引き続き施術を受けることで、
生えにくくしたり、毛質を細くすることができるので安心してください。

 

一度、増毛化や硬毛化した毛は、メラニン色素の量が増えているため、
施術の時の光に反応しやすくなる場合が多く、
細く頼りない産毛よりも、むしろきれいに脱毛することができるというケースも多いのです。

 

一時的に、毛が濃くなって、長い毛や太い毛が現れたりすると、驚いてしまうと思いますが、
かえって早くきれいな肌になることができるチャンスととらえる方が良いので、
脱毛をする人は、増毛化や硬毛化のことを覚えておき、
毛が濃くなったとしてもあきらめないことが大切です。